FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日記 1月19日@新宿

今日は新宿のスタジオで、鏡張りの大きめな部屋での練習でした。(鏡は特に練習で使ったわけじゃないですけど。。)今回も10人と人数が多かったですね。毎回これだけの出席率だといいかも・・・。

今回も発声から。高い音になるとどうしても不安定になるから、もうひとつの声帯が自分の前にあるとイメージして、それを指で引っ張る感じでやると高音でも安定して出るとのこと。イメージは大切ですね!

さて、今回の内容は結構ボリューミーで全部で4曲、「青葉の歌」、「旅立ちの日に」、「頑張れ!でんでん虫」他。
最初の「青葉の歌」は何回かやっているので、細かい指導が結構入りました。
どれも周りの音を聴きながら歌う、ということが多く言われた気がします。(大雑把ですみません。。)特にfで且つ高音の箇所だと、歌うことで一杯いっぱいになるので、その余裕が出来ればもっと良くなる感じです。
あと、楽譜を読む大切さ。楽譜には音符(メロディ)や歌詞以外にも、pやf、クレッシェンドやデクレッシェンド、スタッカート、スラーなどの記号もたくさん書かれています。(バッハとかはほとんど書いてないんだよな~)学生時代に先生から「楽譜は作曲家が残した遺言書みたいなものなんだから、それを無視して演奏したら作曲家に失礼よ」と言われたことがあります。リーダーが「休符も音楽」と練習の途中言っていて、久しぶりのこの言葉を思い出しました。(他にもリーダーがしきりに「ちゃんと音価(音の長さ)分どおりに伸ばして」って言っていることと同じだと思います。ですよね!?)

そして最後に、「頑張れ!でんでん虫」という曲をやりました。今日の練習でいた団員の中で、歌ったことのある人は半数以下という、(歌ったことのある人は団の古株なんです)噂に聞いていた伝説の!?曲です!(一般に出まわっていない曲なんです)
各パート、曲前半だけの音取りで終わってしまったけど、歌ってみると、楽しい!だって曲の半分は「デンデン」で出来ていますからね!全部通して歌ったら、達成感があるんだろうな~いろんな意味で(笑)

この曲を歌いたいなら、入るしかないですよ!ウチに!!

出席者10名(指:1、Ten:2、Bar:3、Bs:4)@新宿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でんでん虫おもしろかったね。
特にバスはすごい。
バリトンにしてよかった。ゴメンナサイ。
真剣になるほど面白くなってきて、歌えなくなりそうなので。
男声合唱だから出せる味なんだろうね。

でんでん虫、なぜやりたいと言う
声が多いかわかりました、僕も楽しかった。

しばらくお休みになるので、
その間に進むのかなぁ…と残念でなりません。

予習をしていこう〜。

でんでんを覚えると、ふとした時にメロディーが頭の中に流れるのは僕だけ?(笑)

魅力的な持ち味がありますよね。


高い音が上がりきらない人も居るようですが、声楽家・作曲家の加賀清孝さん曰わく 「音が変わるということは事件が起きてる」と。

確かにずっと同じエネルギーでは音は高くなればなるにつれ届きにくくなりますよね

ということはエネルギーをちょっとプラスで歌ってみるとよいかも。

例えば 表情筋を上げてみたり。

ちょっとしたことで、広がるかも。


ということで、長々と駄文失礼しました
プロフィール

c_harmoniae

Author:c_harmoniae
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。