スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日記2月20日@祐天寺

まもなくソチオリンピックも閉幕ですね。
団員のなかにも寝不足になりながらリアルタイムでチェックしていた人がいるそうです。

日記執筆時点で、22日土曜日の特別練習を終えているので、そちらも含めて書こうと思います。

木曜日の本練習の方は、リーダーが遠征(演奏)にてお休みのため、主に補習を行いました。
人数は少なめでしたが、ややピッチが良かったそうです。(副団長談)
ここのところ、ピアノの調律よりもちょっと高いかなー、くらいのところでハモリスポットが出てきた気がします。
宗教曲については、お互いのパートを聴き合うという点で、まだ課題が残る感じでした。

土曜日の特別練習については、「5m先に置いた蝋燭の火を吹き消すようなつもりで息を流す」が発声のテーマでした。
力を入れずに息だけ沢山流すというのは、イメージとしては暖簾に腕押しのような感覚があり、不安になります。
なのでついつい力が入って、力で声を飛ばそうとしてしまうのですが
力を抜いてうまく共鳴を起こすことができると、倍音が豊かなハモりやすい音色が出るようになります。
今日はそのような音に近づいた気がして、「他の人の口から聞こえている音」にではなくて、
「空間に響いている音」にハモリに行くという感覚を少し得られたように思いました。

私はもうすぐ合唱歴が10年になりますが、実はまだホールでこの感覚に辿りついたことがありません。
広い会場でもうまく鳴らせたらいいなぁと思います。
スポンサーサイト

練習日記2月13日@目黒

最近、喉の調子が良くなかったため、今日は個人的に久しぶりの練習参加でした。

人数の集まり具合から、初めはリーダーに個人指導をしてもらいました。
「あくびの口を意識して」…普段から言われながらも出来なかったのですが、
実際にあくびをしながら声を出すことを繰り返しました。
すると、間抜けな顔だったとは思いますが、少しだけその感覚がわかりました(苦笑)
そのおかげで、いつもより楽に大きな声を出せるようになりました。やっぱり基礎が大事なんですね!

人数が集まってからは、合わせての練習。
今回は多くの曲をやるより、少ない曲を深く掘り下げていった感じでした。
特に音の強弱や長さ、感情の入れ方など、自分が今まで気を配れなかった部分の練習が出来たので、
充実した練習になりました。

演奏会も近付き、一回一回の練習が大切になってくると思います。
体調管理に気を付けて、皆で演奏会を成功させたいですね!
僕はとりあえず早く風邪を治したいです(汗)

練習日記2月6日@五反田

こんばんは。日記更新が遅くなってしまいました。
定期的にチェックしていただいている人にとっては,さびしい思いをさせてしまいました(笑)

さて,今回は出席者も多くて,久しぶりに気分がアガりました。
私事にはなりますが,どうしても,僕は音が取れていないところだと,
自信を無くして→歌を大きな声で歌わない→旋律が覚えられない→自信をもっとなくす→大きな声で歌わなくなる…
という負のスパイラルを感じていましたが,それがいけないことだと,再確認しました。
音がわからなくても,大きな声で歌わないと,一生覚えられないですよね。。。

当合唱団は,人数が多いわけではないので,一人一人の 自覚も大事です。
(まさに自分に対して言っていることですが)
同じパートにほかの人がいるから,頼っちゃえ~という気持ちでいてはダメなんですよね。
とはいっても,難しい旋律はなかなか覚えられないので,難しい兼ね合いですが・・・。
コンサートの日までもうちょっとなので,頑張りたいと思います。

でわ,また来週(^_^メ)

練習日記1月30日@四ツ谷

早めに現地に着いたところ、偶然先輩と出くわして、お茶を一杯ごちそうになってしまいました。
今日の日記担当です。

今回は少なめの参加人数でした。
私もBassをほぼずっと一人で歌っていたのですが、
自分のブレ(ゆらぎ)がそのままパートのブレになってしまうのでとても気を使います。
さらには緊張して体が硬くなってしまうと、余計に声が響かなくなってしまうのも難しいものです。

こういう時は無理に難しい曲をやらずに、簡単な和音を少人数できっちりはめる練習をするのもいいですね。
in tempo(楽譜通りの速さ)に歌わず、一個々々の和音が完成するまで粘ってから次の和音へ、
というような練習をすると、かなり音感が鍛えられます。
時代劇の役者が、剣戟シーンの稽古で、まずは互いの立ち位置を確認しながらゆっくり練習する感じでしょうか。

「一人じゃ歌えないけど、みんな揃えば歌えるね」
みたいなモットーのもと、日本の学校教育では合唱がずっと取り入れられてきたらしいですが、
そういう風に、1+1>2になるのは合唱の不思議なところです。
私自身、しばしば体調を崩して休むので悪いなと思いつつ、
より多く集まれるような日程の組み方、柔らかい練習の雰囲気づくりができればいいなぁ、と思う今日この頃です。
プロフィール

c_harmoniae

Author:c_harmoniae
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。