スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日記 4月26日@祐天寺

祐天寺って渋谷から少し離れただけだけど、住みやすそうな所ですね。今回の練習場所は初めての場所でした。暗いエントランスを入って、気のせいか年のせいか長く感じられた階段をクルクル下りると音楽室があります。入るとマットが敷いてあって、ピアノがポツンと。リーダーが何か弾いてました。新曲かなと思ったら、校歌を作成しているそうです。私たちが歌っていたようなのを作る人が身近にいるとは。とりあえず奥の倉庫から椅子を出し。さほど広くはないと思うけど、余計な物がないからゆったりした感じがしました。じゃなくて、人が少なかったからかも?こういう使い込んだ感じの場所は落ち着くので、私は好きだな。

少し遅れて発声練習から開始。声を大きく出すように意識していきましょう、出すようにすれば出るようになるとのことでした。

「旅立ちの日に」は久しぶりに歌ったので自信がなく、下のパートが乱れていました。この曲は全体的に音が低いので、上げてみてはどうか?って意見が出ました。たしかに。バスの「希望の風にのり~」の所、出なくはないけど低いので苦しそうな声になってしまうんですよね。少し上がったら楽になるかも。

前回私はお休みしたので、新曲「海はなかった」には初めて取り組みました。きれいな歌ですね。この歌のファンきっと多い。バスのパートは音をまだ覚えていないのと低いのとでボリュームが足りず、足を引っ張ってしまいました。次回はしっかり歌えるよう頑張ります。

参加者7名(Con1、Ten3、Bar1、Bass2)@祐天寺
スポンサーサイト

練習日記 4月19日@神楽坂

新曲の楽譜のコピーを待っている間、音の悪いピアノでプチ演奏会な状態でした。弘法、筆を選ばず?歌唱力だけじゃないのを見せつけられた感じで、改めて尊敬したよ。プロのプライドを見た気がしたわ。でも今は、資本主義の欲望に目覚めてしまって、正確には元プロなんだよね…。

今日の発声練習では結構良い声が響いてたみたいです。息を止めて密度の高い声を出す発声をしたり、出す音をイメージして真っすぐに入って口腔の奥を広げて響き豊かに発声したりしました。ハミングでも喉の奥を広げて鼻骨の辺りを響かせる練習などもしました。高音でも力まずに喉仏を下げて発声するように注意して、五度の音程で練習しました。ハーモニーもキマってたと思うので、今日の発声を忘れないようにしたいです。

まず『大地讃頌』と『夕焼け小焼け』を歌いました。発声練習の延長線と言う感じでみんな何気なく歌ってたけど、何度も練習してるから落ち着きがある歌声でした。でも、現状に満足せずにもっと上手くなりたいと思います。それから、新曲の『海はなかった』の音取りをラララでした後、母音唱ではなく歌詞で歌いました。四部合唱なので惑わされずに歌うのが大変でした。暗い曲だけど、バッチリ嵌ると男声の重厚な響きで素敵な感じになりそうです。

前回の女声合唱団との合同練習では結構良い印象を与えられた様で、今年のクリスマスコンサートを合同で開催する話に発展したみたいです。気が早いですが、開催日程も場所もピアニストも決まって準備万端です。一つ目標が定まって志気も高まると思います。

今週の土曜日にはタコ焼きパーティーがあります。みんなで色々持ち寄って、10人くらい入れるらしい二人の愛の巣にみんなで押し掛けると言う、熱いイベントです。盛り上がった勢いで、二丁目に繰り出したりして…。

某雑誌の6月号に我が団の名前が載ってるとの事で、早速チェックしてみました。「僕らの青春・サークルライフ」って言う特集で「全国の音楽系サークル」として紹介されてました。簡単な紹介文と練習風景の写真が載ってました。商業的なエロに埋もれたこのカルチャー系の記事に誰か気付いてくれるかな。新メンバーが増えるとイイなー


・練習曲
 →指導者呟き録
・大地讃頌
・夕焼け小焼け
 →霧がかった声で。
・海はなかった
 →浜辺で独り言を呟くように。

参加者9名(Con1、Ten4、Bar3、Bs1)@神楽坂

合同練習(女声合唱団) 4月8日@大久保

前日の花見、そして合同練習お疲れ様でした~
色んな意味で刺激を受けた人も多いのでは?

相手は僕の後輩たちということでレベルは予想通りでしたが、私たちも健闘していたと思うよ。

次に話が繋がったので、機会を与えてくれた先方に感謝。じゃんじやん練習に励もう~(^o^)/

5月からは月4回に増えるから皆よろしく~!!!


合同練習曲
・夕焼け小焼け
・大地讃頌
発表曲
・オリジナル編曲ジ・エンターテイナー(F.Vo)
・青葉の歌(M.Vo)

参加者17名(Con1、Pf1、Sop3、Alt3、Ten4、Bar3、Bs2)@大久保

練習日記 4月5日@都立大学

陽春の候。春と言えば、別れと出逢いの季節。生活環境が変わった人も多いはずなので、新生活を機に入団してくれる人も増えるかな。新しいコミュニティーに入るのって勇気がいるけど、色んなコミュニティーに属している方がより充実した人生なるよ。きっとね。

今日の練習場所には初めて来ました。綺麗な公共施設で、所謂ハコモノ的な立派さがあって設備は良かったです。
遅刻したので、発声練習の内容はわからないけど、最近は様々なトレーニング方法が取り入れられてるみたいです。詳細は遅れずに参加して体験したいと思います。

合同練習で歌う『大地讃頌』『夕焼け小焼け』を主に練習しました。高音で声を大きくしようとすると、声質が浅くなるので、アクビの口と喉の状態を意識して歌いました。口の中だけで籠もった独りよがりの声にならないように注意して、空気に声をのせるように歌うのもポイントです。童謡を平坦に歌うと浅はかな印象になるから、特にあ母音に気を付けました。高音は上がる時に勢いを失わないで躊躇せずに出し切って、低音は無理して出そうとして上擦らない様に音量を調節して歌いました。お互いの音を聞き合わないと良い演奏にはならないんだけど、まだまだ未熟なので自分の音すらわからなくなってしまう箇所がありました。次回は出来るように頑張ります。

今週末はイベントが盛り沢山です。土曜日には代々木公園か新宿御苑でお花見男子会が開催されます。桜を見ながら宴会をする文化って平和な感じで風流だよね。でも実際は花より団子で、飲んで食って呑んで歌って騒いで叫んで暴れて泥酔するのかな。みんな大人だから流石にそこまでハメは外さないよね。たぶん…。それから日曜日には女声合唱団との合同練習があります。ゆくゆくは合同発表会とか?それは叶わないとしても、断続的にでも合同練習の機会があれば刺激になって男声合唱に対する向上心が高まりそうです。当日は次に繋がる内容になれば面白いなー


・練習曲
 →指導者呟き録
・大地讃頌
 →人数が多く聞こえる。(悪い意味で)
 →音量を犠牲にしても、音程は犠牲にしないで。
・夕焼け小焼け
 →高音を出す喉の状態で優しく。
・青葉の歌
 →最初っからド派手に、最後まで音の渦みたいな感じで。
 →mpだからと言って、気持ちまでmpにならないで。
・頑張れでんでん虫
 →早くならず、リズムをクリアに。

参加者10名(Con1、Ten4、Bar3、Bs2)@都立大学
プロフィール

c_harmoniae

Author:c_harmoniae
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。