スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日記 1月26日@中野

今回の練習は中野でした。
見学者率が高かったせいか、いつもより若干トークがおとなしかったようです。

少し遅れて、発声練習からスタート。
今日はいつもの軟口蓋が涼しくなるように…の他に口笛を吹くように「うー」とか「はい」と発声練習をしました。
あと、「あ」の発音で「ドソドソド」の発声練習をしました。これ難しい。ドからソに移る時に声がきれいに上がりきらなくて、まるで間抜けな悲鳴のよう。声帯が鍛えられていないと、ちょっとツライみたいです。
声が暗くなるので、「口角を上げて。気持ち悪い顔にならない程度に。」と指導がありました。なぜか後半では「きもち悪い顔で!」に変わっていたのは気のせい?

一曲目「旅立ちの日に」。
見学者が多かったのでパート練習はしましたが、一回目でいきなり「合ってる」。誉められた。素晴らしい。

二曲目 団のテーマ曲
これもパート練習後、通しで歌って終わり。
爽やかな声って、どんな声なんだろう?今回も最後まで分かりませんでした。

三曲目は新しい曲でくせ者でした。
「夕焼け小焼け」
ご存知の方も多いと思いますが、夕方になるとよくどこからか流れてくるあの童謡のです。ただ、合唱用に編曲されていて、混声?部合唱(ラストが8パートくらいに分かれてますが、これは何部合唱になるのでしょう?)になっています。

何が難しいかというと、まず息が続かない。とてもゆったりとしたスローテンポな曲なので、思い切り息を吸って準備してもブレスまで持たない。「途中で息を吸うなら、他の人が吸わなさそうな所で吸って」つい速くなってしまうので、団長の手の動きを見ながら歌いました。途中から三部に分かれましたが、初回なのでどのパートも苦戦していました。私も音が合ってるのかどうかよく分からないまま、なんとなくで終わりました。今回は前半まででしたが、後半はもっと複雑で難しそう。きれいにまとまったら素敵な曲なんでしょうけどね。

今回は見学者三名。
内二名はテノールのようです。けっこう声出てた気がします。ベテランが少なかったから、そう聴こえただけかも。
入団していただけるといいですね。
そういえばTさんて結局バリトンてことでいいのかな?

ではまた来週!

参加者計10名(指1、上1、中2、下3、新3)
スポンサーサイト

練習日記 1月19日@新宿

今日は新宿のスタジオで、鏡張りの大きめな部屋での練習でした。(鏡は特に練習で使ったわけじゃないですけど。。)今回も10人と人数が多かったですね。毎回これだけの出席率だといいかも・・・。

今回も発声から。高い音になるとどうしても不安定になるから、もうひとつの声帯が自分の前にあるとイメージして、それを指で引っ張る感じでやると高音でも安定して出るとのこと。イメージは大切ですね!

さて、今回の内容は結構ボリューミーで全部で4曲、「青葉の歌」、「旅立ちの日に」、「頑張れ!でんでん虫」他。
最初の「青葉の歌」は何回かやっているので、細かい指導が結構入りました。
どれも周りの音を聴きながら歌う、ということが多く言われた気がします。(大雑把ですみません。。)特にfで且つ高音の箇所だと、歌うことで一杯いっぱいになるので、その余裕が出来ればもっと良くなる感じです。
あと、楽譜を読む大切さ。楽譜には音符(メロディ)や歌詞以外にも、pやf、クレッシェンドやデクレッシェンド、スタッカート、スラーなどの記号もたくさん書かれています。(バッハとかはほとんど書いてないんだよな~)学生時代に先生から「楽譜は作曲家が残した遺言書みたいなものなんだから、それを無視して演奏したら作曲家に失礼よ」と言われたことがあります。リーダーが「休符も音楽」と練習の途中言っていて、久しぶりのこの言葉を思い出しました。(他にもリーダーがしきりに「ちゃんと音価(音の長さ)分どおりに伸ばして」って言っていることと同じだと思います。ですよね!?)

そして最後に、「頑張れ!でんでん虫」という曲をやりました。今日の練習でいた団員の中で、歌ったことのある人は半数以下という、(歌ったことのある人は団の古株なんです)噂に聞いていた伝説の!?曲です!(一般に出まわっていない曲なんです)
各パート、曲前半だけの音取りで終わってしまったけど、歌ってみると、楽しい!だって曲の半分は「デンデン」で出来ていますからね!全部通して歌ったら、達成感があるんだろうな~いろんな意味で(笑)

この曲を歌いたいなら、入るしかないですよ!ウチに!!

出席者10名(指:1、Ten:2、Bar:3、Bs:4)@新宿

練習日記 1月12日@中野

今日は見学者2人を迎えての練習でした。10人以上集まったのは初めてです。人数が多いと音量だけでなく音の響きも良くなるね。団員が増えると場所探しが難しくなるけど、それはとても嬉しい悩みです。

見学者の2人にも発声練習から参加してもらいました。体験型の見学?見てるだけじゃ合唱の楽しさは伝わらないし、取り敢えず声を出してみようって言う我が団の方針なんだと思います。自分が見学した時も、あれよアレヨと言う間にみんなと一緒に歌っていました。どんな人がいるのか分からないし、不安で緊張していたのを思い出します。楽譜は読めないので、初見から音を取れる筈もなく、音程を外しまくっていました。それでも凄く楽しかった。こんな居場所があるんだなって…。2人とも同じ様な気持ちでいてくれたら、そして入団してくれたら嬉しいですね。

合唱初心者の見学者もいるので、団のテーマソングを久しぶりに練習しました。暫くやってなかったから、初めて歌う団員もいて、割と細かく音取りしました。ポップス歌いにならないように、誰とも合うような歌い方で柔らかく発声するように気を付けました。それと日本語をしっかり撥音するように注意して歌いました。どうもオッサン臭くなってしまうみたいなので、もっと若々しさを声で発揮しないとな。全体的には結構熟成されてきたように感じました。『旅立ちの日に』ではバスの個人指導なんかがあって、更にレベルアップしたと思います。曲に慣れてきて伸ばす音が短くなってきてるので、ちゃんと音価分伸ばすように意識して歌いました。だいぶ音程が合ってきて、上がりきらない音や落ち過ぎな音が浮き上がるから、課題が明確になったかな。

「一昨年からずっと探していた千代鶴って言う品種の山茶花を中野のホームセンターで見つけた。」って、鉢植えの袋を持ちながら喜んでいた団員がいました。たぶん、練習前にちょっと寄ってみて偶然見つけたんだろな。もし入団していなかったら、その花とも巡りあえなかったかもね。男声合唱団での活動は月に3回くらいだけど、連鎖的に生活が変化するから、きっとハッピーに出会う機会も増えるんだと思う。そんな気がします。

仙台のお土産で、ずんだ餅っぽいずんだのお団子を頂きました。無遠慮に三つも食ってしまいました。いつもお土産ありがとね。今日はじめて聞いたんだけど、女声合唱団と合同練習してみる企画があるみたいです。いつかは合同コンサートも?現段階ではかなり実力の差があるらしく、あまりの格の違いにちょっと気後れしてしまいそう。でも、我が団にとって良い刺激になると思うし、実現出来れば面白そうだなー


・練習曲
 →指導者呟き録(中辛時々甘口)
・翼をください
 →ノリが悪いから、音がスムーズに運ばない。
・旅立ちの日に
 →声に伸びがない。歌を楽しむ感じで。
 →そうなって欲しかったの、ここ二三ヶ月。長かったね。
・青葉の歌
 →っお。合ってきた。

出席者11名(指1、上2、中3、下3、新2)@中野

練習日記 1月5日@中野

今日は久しぶりの練習でした。団員は毎回来ることが望ましいですが、僕みたいに2ヶ月ぶりのような団員がいるんです(笑)。

年明け一発ということや僕みたいな人がいるせいか、今日は一時間みっちりボイトレでした!ハーモニーなどなかなかあいませんでしたが、最後はなんとかの形になり、とりあえず終了。。

そのあとは旅立ちの日にと青葉の歌を練習。僕のようなあまり練習に出てない人にとっては久しぶりの練習はみんなの足をひっぱりつつ、でも楽しかったです!

テノールが少ないので誰か入らないかな〜。

出席者7名(指1、高1、中2、低3)@中野
プロフィール

c_harmoniae

Author:c_harmoniae
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。